You are here: Home » 生活と仕事 » 春との向き合い方

春との向き合い方

こんにちは!お元気ですか?
今日も訪問くださり、誠にありがとうございます!

ここ飛騨高山は、春の訪れは遅い方なのですが、それでも季節は春。野原には青い草が生え、花が咲き始めました!
日中のほとんどを家の中で過ごす日が続いていますが、もうすぐ畑仕事も始まります。
体力を作っておかなければと思い、時間を見つけて散歩することを心がけています。

散歩の風景

まだ柔らかいですが、日差しが強くなってきました。

山の雪も、消えつつあります。

防火水槽?池にはコイの姿も見えます。

オオイヌフグリという、コバルトブルーの花です。たくさん咲く、春を感じる花です。

まだ、枯れ葉にうずくまっているタンポポです。もう少しすると元気に伸びてきますね!

ふきのとうは、もうずいぶん大きくなっています。

紫色のは、ヒメオドリコソウです。

各農家さんも、仕事の準備が始まっています。

スミレです。この花は最も早くに咲き、秋まで咲き続けてくれている強い花です。

親戚のおばさんの家からいただいてきた、フクジュソウです。朝はこのような感じです。

日中天気がよくなると、きれいな黄色を見せてくれます。

春との向き合い方

大げさなタイトルですねww
春は、卒業と入学など、終わりと始まりが同時にやってくる季節でもあります。なにかと心身の調子を崩しやすい季節ではないでしょうか?
僕は、新年明けてから誕生日を迎える6月頃まで、なんとなく物憂い気分が続くことが多かったです。今はそうでもないですが、30歳くらいまでは特にそのように感じていました。
原因はよくわかりませんが、気分を立て直すのに、苦労していました。
今は、1年中物憂いですがw

曽野綾子さんの本をよく読みます。先日読んだ本に、「心身の不調もその人の一部なので、それが治ってしまったら自分らしくないのだ」のようなことが書かれていました。完全な健康体ではなくても生きていけるし、不具合があるから有り難いことがわかり、その人の味にもなる。そういうことでしょうか。

ということで、物憂い春を満喫しよう!という気持ちになれました。
体力づくりをして、夏の畑仕事にそなえるとするか。

今日も訪問してくださり、本当にありがとうございます。


飛騨高山で畑を耕しながら、フリーランスのWebデザイナーとして活動しています。自然や文化に触れながら、人を癒し和ませるデザインを追求しています!文章作成、イラスト作成、写真撮影やパソコン作業全般が得意で大好きです。工業高校→工業大学で機械や電気の勉強をしていましたが、これからは自然の時代!と思い、自然の中で楽しく元気に暮らし続けることを目標に頑張っています。スピリチュアル大好き。最先端は苦手。時事問題も苦手。新聞は好きです。12年間乗ったクラウンからCAST SPORTへ乗り換え。Mac,iPad,GRATINA 4G(au/京セラ),NIKON COOLPIX P6000,D7200使い。ヘンプアクセサリー作りが趣味。