You are here: Home » 自己紹介 » 利用規約(約款)

利用規約(約款)

ホームページ制作業務に関する利用規約(約款)

このホームページ制作業務に関する利用規約(約款)は、logo_sakashowdesignseisaku_7p(以下「乙」と言います)が提供する、ホームページ制作業務ならびにその他の作成業務(以下「本サービス」と言います)の利用について規定するものです。

本サービスをご利用になられる方は、お問い合わせ・お申し込み(以下「ご注文」と言います)の前に必ず本規約の内容をすべて確認してください。

利用者(以下「甲」と言います)は、ご注文を行う時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなします。

第1条  本規約の適用範囲

本規約は、本サービスの利用に関し、甲および乙の間に適用されます。

第2条  利用規約の変更と通知

本規約は、甲の承諾を得ることなく、いつでも変更できるものとします。変更内容の通知は、本Webページへの掲載により効力が発生します。

第3条  本サービスの内容

本サービスは、Webページ・コンテンツの制作、更新、修正および運営管理等を主な内容とし、下記に含まれる内容を除きます。

  1. 利用目的が公序良俗に反する内容であると、乙が判断する内容。
  2. アダルトコンテンツなど、性的表現が含まれる内容。
  3. 著作権等の、他人の権利を侵害または侵害する恐れがある内容。
  4. その他、乙が不適当であると判断する内容。

第4条  本サービスの費用(以下「利用料金」と言います)

利用料金の概算は次の各項に示すものとします。詳細には、甲および乙との話し合いにより、利用料金を算出するものとします。

  1. 企画・提案、制作および公開までの一括請負 :4800円/ページ
  2. お客様にレイアウトやデザインなどの案、ラフ画などを作っていただいての制作請負 :2400円/ページ
  3. ページの更新、追加等(同一デザインの場合) :1600円/ページ
  4. 他の業者様が制作されたホームページのリニューアル :3200円/ページ
  5. その他甲からの要望で、乙に可能な要件は別途乙が定めるものとします。
  6. 乙が制作またはリニューアルしたWebページを、乙が運営するWebページに制作実績として掲載することを甲が認めた場合の値引き :制作費の10%分

第5条  利用料金の支払いと期日

甲は、利用料金を以下のいずれかの方法で支払うものとします。期日は、Webページ作成の場合、納品後2週間を目安とします。

  1. 銀行振込 :乙が指定する銀行口座に、甲が振込を行うことにより支払う方法。
  2. その他、乙が定める方法によるお支払い。

第6条  ご注文の確定とキャンセル

乙が発行する見積書の内容に甲が同意し、甲からの発注書を乙が受け取った時点で、ご注文を確定するものとします。ご注文は、いつでもキャンセルできるものとし、キャンセル料金は無料とします。

第7条  納品方法

Webサーバーへのアップロード等、甲の希望により行うものとする。

第8条  納品後の保証

乙が納品した本サービスのWebページに関して、乙はいかなる保証も行わないものとします。また、甲が受けた損害および第三者からの損害賠償請求に基づく損害についても乙は一切責任を負わないものとします。

第9条  瑕疵義務

乙が納品した本サービスのWebページに、瑕疵が発見されたときはその修補の義務のみを負うものとし、 当該瑕疵が原因で生じた甲の損害についての乙の責任は、免責されるものとします。
なお、瑕疵担保期間は納品日から起算して2週間とします。

第10条  契約の終了と解除

本サービスの契約は納品後、終了するものとします。

乙は、甲に次の各項のいずれかに該当する事由が生じた場合には、何らの催告を要せず、契約を解除することができるものとします。 この場合、既にお支払い頂いた利用料金の返還はしないものとします。

  1. 甲の破産、和議開始、会社更生法手続開始、会社整理開始等の申し立てがあったとき
  2. 甲の財産について、仮差し押さえ、仮処分、保全差し押さえ、強制執行などが行われたとき
  3. 甲が規約に定められた義務を履行しないとき
  4. その他、甲について契約を継続しがたい重要な事実が生じたと乙が認めたとき

第11条 著作権

制作物の「著作権」、「著作財産権」および「著作人格権」は原則乙に帰属します。

第12条 譲渡禁止と秘密保持について

本サービスに関して、甲から乙に提供された資料(デジタルデータを含む)および乙が制作した本サービスで制作した制作物(デジタルデータを含む)は、第三者に譲渡しないものとします。

本サービスの契約で知り得た情報は、厳重に保管し、第三者へ公開しないものとします。

第13条  準拠法と裁判管轄

本規約の執行可能性、解釈および有効性は、日本国法に従って判断されるものとします。

本サービスに関して、甲と乙との間で紛争が起きた場合、乙の所在地を管轄する地方裁判所または簡易裁判所を、専属的合意管轄裁判所とします。

付則
この規約は平成28年4月11日より実施します。
この規約は平成28年8月6日より実施します。